レビトラのガイドライン

3大ED治療薬として有名なレビトラですが、バイアグラの欠点を補強した形で開発されました。食事の影響を受けづらかったり持続時間が長いなどの特徴があります。当サイトではそんなレビトラについてまとめていきたいと思います。

女医との対面回避でバイエル製薬会社のレビトラ入手!

会社の親しい同僚にも相談できない男性の悩みのひとつにEDがありますが、精力剤やサプリを飲んでも治らない場合は、思い切ってレビトラに頼った方が良いでしょう。
レビトラはアスピリンの開発でも知られる、バイエルというドイツの製薬会社が製造販売しているED治療薬で、精力剤やサプリよりも即効性があるのでおすすめです。
世界で初めて誕生したED治療薬は、ファイザー製薬のバイアグラですが、この薬には空腹時に飲まないと、効き目があらわれにくいという欠点がありました。
この欠点を克服するために研究開発されたのがレビトラなので、カロリーたっぷりの肉料理を食べたりすると、さすがに効きにくいですが、パスタやうどんのような軽食なら食べても大丈夫なので、性行為前に空腹を我慢しなくて済みます。
レビトラを処方してもらいたいときは、泌尿器科へ行くことをおすすめしますが、そこに女医がいたりすると、恥ずかしくてEDのことを相談できないという方もあるかも知れませんね。
特に20代や30代で、ストレスやトラウマなどの精神的な問題によりEDを発症している人の場合は、女医が美人であればあるほど、話しにくいと思う方もあるでしょう。
レビトラは泌尿器科に行かなくても、実は個人輸入代行通販を利用すれば買えるので、女医にED相談はしにくいと思う方は、サイトから注文して、取り寄せるようにしてください。
処方箋のようなものは必要ないので、一般の通販サイトと同じ感覚で気軽に注文出来ますが、お医者さんや薬剤師が薬の説明をしてくれないので、使用前には必ず説明書を読んで、それを守って服用しなくてはなりません。
適量を守らないと、ほてりやめまい、頭痛などのひどい副作用が起こったり、ひどい場合は救急車で運ばれるようなことにもなりかねないので、説明書通りに使用することが大切です。