レビトラのガイドライン

3大ED治療薬として有名なレビトラですが、バイアグラの欠点を補強した形で開発されました。食事の影響を受けづらかったり持続時間が長いなどの特徴があります。当サイトではそんなレビトラについてまとめていきたいと思います。

レビトラの副作用について

レビトラの副作用は臨床試験で得られた結果として、使用者のおよそ28.15%に何らかの症状が認められています。
ED治療薬の中では副作用は比較的に少ないとされますが、それでも医薬品である以上は症状を回避することは不可能です。
最も多い症状は顔のほてり、頭痛、鼻づまりの順で起こり、稀に動悸が激しくなるといったものがあります。
レビトラは血管を拡張させる働きがあることから、全身の血液の流れが良くなるため、こういった血圧に関わる症状が起こるのは自然なことと考えられています。
服用した直後から起こりやすく、作用が持続する10時間までの間に徐々に症状が静まり、効果が切れた頃には副作用も自然と消失するのが一般的です。
海外の症例では、前述の副作用に加え、消化不良、呼吸困難、鼻血、頻脈、胸痛、無力感など実に様々な副作用が報告されていて、中には緑内障や狭心症、失神といった後遺症に繋がるものも存在します。
発生確率は酷く稀なことなので気にする問題ではありませんが、眼圧に影響することもあるため、色彩が普段とは違って見えたり、異常に眩しく見えるなどの視覚異常も起こる可能性があります。
レビトラの作用が切れてもこれらの症状が残る場合、あるいは症状が酷く性行為に集中できないといった場合は、服用を中止するかその場ですぐに専門医に相談する必要があります。
ED治療薬は血圧を変化させる働きがあるため、似た様な効果を持つ医薬品との併用には十分に注意しなくてはいけません。
これまでの医薬品で安全性はかなり確認されていますが、血中濃度を上昇させたり、相互作用によって思わぬ副作用を起こすこともあるので、別の治療を受けている時は、併用しても問題ないか医師に相談してから服用するようにしましょう。