レビトラのガイドライン

3大ED治療薬として有名なレビトラですが、バイアグラの欠点を補強した形で開発されました。食事の影響を受けづらかったり持続時間が長いなどの特徴があります。当サイトではそんなレビトラについてまとめていきたいと思います。

レビトラの処方におけるチェックリストと薬局について

レビトラはED治療薬の一つで、性行為の約1時間前に服用する事で勃起不全の症状を克服し、性行為を可能にすると言った作用を期待する事が出来ます。

レビトラには5mgを初め、10mgと20mgの3種類が用意されており、持続効果が用量に応じて異なるのが特徴です。

因みに、レビトラは水に溶けやすいと言った特徴が在る事からも、他のED治療薬と比較すると、短時間で勃起の状態を導き出すと言った特徴を持ちます。

但し、服用して1時間経過すれば勃起すると言う事ではなく、あくまでも性的興奮を受ける事で勃起状態になるため安心して服用する事が出来ます。

一般的な医薬品の場合、医師が書いた処方箋を調剤薬局などに持ち込む事で、必要な医薬品を調剤してくれて、その場で受け取る事が可能になりますが、ED治療薬の多くは病院の中で処方されるのが一般的です。

因みに、ED治療薬と言うのは脳に作用する医薬品であり、使用法や用量などを誤ると大きな副作用として現われてしまう事も在ります。

そのため、医師の指示に従って服用する事が大切です。

尚、ED治療薬を処方してくれる病院の多くは、ホームページでED治療薬についての紹介を行っており、これから使用したい人のための、レビトラ錠処方のためのチェックリストが掲載されており、必要事項を記載してからプリントアウトをして、チェックリストを病院に持って行けばスムーズな対応をして貰えるなどのメリットが在りますし、レビトラは重度の肝障害を持つ人、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの既往歴が6ヵ月以内に在る人、血液透析が必要となる腎障害を持つ人、特定の医薬品を服用している人などは処方を受ける事が出来ないため、事前にチェックリストを利用しておくのが安心です。