レビトラのガイドライン

3大ED治療薬として有名なレビトラですが、バイアグラの欠点を補強した形で開発されました。食事の影響を受けづらかったり持続時間が長いなどの特徴があります。当サイトではそんなレビトラについてまとめていきたいと思います。

レビトラのジェネリックはある?

レビトラのジェネリックがあるかどうかについて述べる前にジェネリック医薬品について簡単に説明をします。
薬というのは開発して製造販売されるまでには莫大な研究開発費用が必要であり、それが簡単に他社に真似されてしまったのでは開発元が大損してしまいますので、通常は特許によって保護されています。
そのために特許期間中は他の製薬会社が同じ成分を用いて似たような薬を販売する事は出来ないのですが、特許は永久的に続くという訳では無くてある程度年月が経過すると効果が切れるようになっています。
そしてジェネリック医薬品というのは特許が切れてから販売される先発薬を真似た医薬品であり、基地の成分を用いるので研究や開発にお金をあまりかけないで済むのでコストが抑えられていて、その分だけ販売価格も下げられているのです。
特許の期限については20年から25年程度であり、レビトラについてはまだ特許が切れていないのでジェネリック医薬品は日本では存在していないです。
ただし、ネットの情報を見るとレビトラのジェネリックを販売しているのが見かけられます。
これらの医薬品は必ずしも偽物であるとは言い切れず、特許が有効であったとしてもインドの場合は医薬品の特許を認めていないので販売されているのです。
それらを個人輸入で入手する事でレビトラのジェネリックを手に入れる事が出来るのですが、日本ではそれらの医薬品が本物かどうかを見極めるのが困難である上に、ED治療薬は世界的に人気が高い事から偽物がかなり流通しているのです。
日本で扱われていない医薬品を偽物であるかどうかを見極めるのはよほどの粗悪品でない限りは素人では難しいので、よほど信頼できるお店でなければレビトラのジェネリックには手を出さないのが無難です。