レビトラのガイドライン

3大ED治療薬として有名なレビトラですが、バイアグラの欠点を補強した形で開発されました。食事の影響を受けづらかったり持続時間が長いなどの特徴があります。当サイトではそんなレビトラについてまとめていきたいと思います。

セルフチェックでEDだったら医薬品のレビトラを飲む

EDのセルフチェックがあり、国際勃起機能スコアの問診票における質問に回答することで、合計点数が21点を下回ったときにはEDの可能性が高くなります。セルフチェックを受けた結果として、EDの疑いがあるという結果が出たときには、医薬品の力を使って改善を目指すことが最適です。ED治療のクリニックも増えていますし、医療機関に通うことでED治療薬の処方を受けることが可能です。ED治療薬ではバイアグラの存在が有名ですが、それ以外にも認可を受けている治療薬があり、ドイツのバイエル社が開発したレビトラもあります。男性の勃起は性的刺激を受けたときに、一酸化窒素が放出されて陰茎の局部の細胞内部でcGMP(サイクリックグアノシンーリン酸)が増えます。cGMPをPDE5という酵素が破壊することで、血管が収縮して勃起が通常の状態に戻ります。レビトラに含まれているタダラフィルの作用によって、勃起の状態を壊してしまうPDE5の働きを阻害することが可能となり、それによって勃起を促進させる効果を得ることができます。レビトラは空腹時であれば、服用してから20分ほどの時間で効き目が現れます。10mgの場合には服用してから4~5時間ほどの作用があり、20mgであれば8~10時間ほど効果が持続します。レビトラはバイアグラと比べたときに食事による影響を受けにくいと言えますが、食事の影響は確実にありますので、食前の20~30分ごろの空腹時に服用することがおすすめです。食事と一緒に服用してしまったときには、効果が現れるまでの時間が長くかかることや、効果そのものが半減してしまうことがあるので、十分に注意しておく必要があります。服用したときには多くの人の場合で、目の充血や頭痛、鼻づまりなどの症状が現れますが、時間が経過することによって症状が治まります。