レビトラのガイドライン

3大ED治療薬として有名なレビトラですが、バイアグラの欠点を補強した形で開発されました。食事の影響を受けづらかったり持続時間が長いなどの特徴があります。当サイトではそんなレビトラについてまとめていきたいと思います。

レビトラは食事の影響を受けにくい

レビトラはED治療薬としてはバイアグラよりも遅く開発されたものですが、だからこそバイアグラとは異なる点をメリットとしています。
中でも使用する側にとって嬉しいメリットとなるのが「食事の影響を受けづらい」ということです。
バイアグラは油分の多い食事や乳製品などを食べてから服用すると薬の吸収効率が低下するために効果があまり出なくなってしまうという欠点を持っていました。
もちろんその他に選択肢が無かった時代は食事を制限したり我慢するしかなったのですが、レビトラは食事の影響をかなり受けづらいという特徴があるため、ある程度であれば自由に食事をしてから服用できる薬となっているのです。
では具体的にどういった食事であれば良いのかというと、製薬会社であるバイエル社は「食事の総エネルギー量に占める脂質の割合が約30%以下であれば影響を受けづらい」としています。
一見すると全く意味のわからないことになるでしょうが、これを考えるにはおおよその食事のカロリーと脂質の量をチェックすれば問題ありません。
例えば夕食として買ってきたお弁当の成分表にカロリーが800kcal、脂質が20gとあったとしましょう。
栄養学においては脂質1gあたりのカロリー量は9kcalですから、このお弁当に含まれる脂質は20g×9kcal=180kcalです。
180kcal÷800kcal=0.225=22.5%ですから、このお弁当の場合は食事の総エネルギー量に占める脂質の割合が30%以下であるためレビトラの効果に対して悪影響を与えることは無いと判断できるわけです。
尤も食事をするたびにこう考えることはなかなか難しいのですが、すくなくとも脂肪分が多くともレビトラは効果が出やすい薬だとして考えて良いわけです。
当然ながら暴飲暴食をしたなどの場合には例外ですが、食事を楽しみつつED治療をしたいという人にはおすすめできる薬と言えます。

■福岡でED治療を受けられる病院はこちらから
福岡でED治療ができる病院
■ED治療薬として定評があるレビトラのジェネリックです
バリフ
■ED治療で高い効果が期待できるレビトラは、お得な通販で購入しましょう
レビトラ 通販
■あの有名なバイアグラのジェネリック医薬品です
カマグラゴールドとは